学資保険の見直し

学資保険というものがあります。 某M社の例ですが、誕生してから毎月10.323円を12カ月、15歳満期までかけるというものです。

 

実際計算してみましたが、1.859.000円位になります。 これに保険会社が140.000円足して、15歳から合計で2.000.000円受け取れますというものでした。

 

しかし、これってお得なんでしょうか。

 

保険会社の担当者は、140.000円は15年間の利息として、保険会社が支払うものですという説明をすると思います。

 

15歳満期ということは、義務教育完了の時が満期ということです。 そして2.000.000円となった金額は、4回に分けて18歳の大学進学で500.000円、その後500.000円ずつ支払われて21歳で完了というしくみとなっています。

 

この受け取り利率は10%を超えているというのがセールスポイントなのでしょうが、仮にこれと同じ金額を15歳、そして実際に支払われる18歳まで定期積み金で預貯金としたら、この保険はどうなのかなと疑問に思い子供が小さい時に解約した記憶があります。

 

確かに教育費がかかるのは、大学です。 でも、奨学金制度というものもあるので、上手く利用すればよいのではないでしょうか。 そしてこの「学資保険」は、貯蓄型で生命保険でも損害保険でもないので、死亡した場合の返戻金としては、毎月の掛け金に支払った月数をかけた金額、つまり自分が支払い続けた金額が戻っただけということになります。

 

これだけでは、自分で貯金か、生命保険をかけた方がお得なのではと思います。

 

今の時期の定期積み金の利息は、一番高い銀行で1.75%となっています。 銀行も破たんすることもあるので、安心はできませんが、どうせ保険をかけるなら、本人が交通事故に遭った場合、後遺症が残った場合のことを考えると、せめて入院や通院の保証は欲しいですね。

 

また死亡時の保険金もおりてこないことを考えると、学資保険はその個人個人のケースに応じて必要な人にだけ薦めるというものとなりそうです。

 

うちは、解約し生命保険と損害保険に切り替えました。 生命保険でもお得なものは、主人が勤務している会社で加入している団体の保険は掛け金が安くて、対応もよく一人でも二人の掛け金でもほとんど変わらない金額でした。

 

また、病気入院や通院、事故での死亡の保険金、後遺症の通院などもしっかりしていました。 生命保険に加入するきっかけの時って、知り合いから薦められたり、知人が生命保険の営業をしているので付き合いで加入するということってかなり多いと思います。

 

「ノルマがあるから、後で解約してもいいから」などと言われてつい契約することも多いものです。 それで、いざ解約しようとすると、「今解約すると損ですよ」などということばが返ってくるので、ずるずると続けてしまうというケースも多いかと思います。

 

でも、自分で入ろうと意志がない場合は、自ら約款を読むことも確認もしないものです。 できるなら、いろいろな保険会社を調べ比較してから、加入するのが一番納得することではないでしょうか。